木造以外の一戸建ての構法について

木造よりもコストがかかりますが、堅固な一戸建て住宅を手に入れることができる構造に、鉄筋コンクリート造(RC造)と鉄骨造とがあります。
鉄筋コンクリート造は鉄筋とコンクリートが一体となって一戸建て住宅を支える構造です。


鉄筋は引かれる力に対して強く、コンクリートは圧縮される力に対して強いという性質を持っています。この両方の特性を組み合わせて耐久性を持たせた構造といえます。

この構造では専門の構造設計が必要となりますが、その分耐震性にも、対価性にも優れています。

練馬区 一戸建て情報を、皆様へ配信するサイトです。

施工する際には現場で鉄筋を組んで型枠を設置し、そこにコンクリートを流し込みますが、この際の気候条件などにより品質が左右されることになります。ここで一戸建て住宅の強度に影響が出ますので、施工管理は非常に重要です。


鉄骨造では設計図に合わせて鋼材の長さや仕口を工場加工し、基礎が出来上がった段階で現場に加工した鋼材を搬入し、組み立てていきます。この構造では木造と比べて柱と柱の間隔を大きく取ることができ、開放的な大きい空間をしつらえることが可能となるため、間仕切りを自由に設けられることや、増改築を比較的容易に行うことができるということ、そして鉄筋コンクリート造に比べて工場で製作する割合が高いことから工期が比較的短くて済むという点をメリットとして挙げることができます。
ただし、建て方の際にクレーンなどの大型の機械を使用することになるため、前面道路が短い敷地や路地状敷地には向かないというデメリットもあります。